フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング15選!食事から愛犬の健康管理のために

by Kamoi
0 comment

ドッグフードの種類はたくさんある!?

フリーズドライタイプのドッグフードを知っていますか?

ドッグフードといえばドライフードが一般的ですし、多くのご家庭ではドライフードが採用されています。実は、ドッグフードにはドライフードだけでなく、ウェットフード、セミモイストフード、ソフトドライフードなど、様々な種類があるんです。

そんな中で、今回はフリーズドライタイプのドッグフードをご紹介していきます。

 

フリーズドライタイプとは?

あまり聞きなれないフリーズドライタイプという言葉ですが、商品紹介に入る前にフリーズドライについて知っておきましょう。

フリーズドライ製法とは新鮮なままの原材料を瞬間凍結し、真空状態で水分を昇華、乾燥させる技術の事を指します。栄養価を下げないまま、かつ長期保存を可能とする加工方法なので、わんちゃんにとって美味しいだけでなく、飼い主さんにとっても安心できる、栄養面でもとても優秀なドッグフードです。

 

フリーズドライタイプのドッグフード15選!

さて、フリーズドライのドッグフードが優秀ということはわかって頂けたかと思いますが、実際に何を買ったらいいのか、どんな商品があるのか、うちの子がちゃんと食べられるか……愛するわんちゃんのことだからこそ、不安や迷いがありますよね。

そこで、この記事ではフリーズドライタイプのドッグフード15選ということで、フリーズドライ製法を用いた商品を15品紹介していきます。

通常販売価格、内容量、味の3つに特に注目しつつ、それぞれの特徴を書いていきますので、わんちゃんとの暮らしに役立ててみてください。

 

目次

  • このこのごはん
  • KAITAMA
  • DOGMOM
  • PET PARADISE
  • ドットわん
  • Woof
  • K9Natural
  • モグキューブ
  • トムキャット
  • ママクック
  • ペティオ
  • マカンナ
  • ホワイトフォックス
  • Sunday Pets
  • Frecious

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング1.このこのごはん

 

詳細は写真をクリック▲

通常価格 4,900円/1㎏

まずご紹介するのはこのこのごはん。かわいらしいネーミングとパッケージが目を引きます。

味展開はありませんが、口コミから絶大な人気のあるフードです。

小型犬をターゲットに作られているドッグフードなので、粒のサイズが小さく、体の小さなわんちゃんが食べやすい仕様です。

ささみ、レバー、まぐろ、鹿肉をブレンドしたフードは食いつきもよく、小型犬の飼い主さんの健康面での心配も解消してくれます。

1㎏単位で定期購入コースもあるので、わんちゃんが気に入れば購入の手間が省けるのもポイントです。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング2.KAITAMA

出典:KAITAMA HP

お次に紹介するのはKAITAMAです。

通常価格 8580円/400g

味はチキン、フィッシュ、ビーフ、グラスフェッド・ヴェニソン、グラスフェッド・ラム、サーモン・バウンティ、ワイルドラビットの7種。

上記の味以外にも、混ぜ物のない素材そのままのフリーズドライもありますので、好き嫌いの多いわんちゃん、アレルギーのあるわんちゃんやパピー、シニアにも与えられますし、今食べているフードに足したい素材をトッピングするというやり方まで、ご家庭によって幅広い選択ができるのが嬉しいです。

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング3.DOGMOM

 

詳細は写真をクリック

通常価格 289円~311円/10g

現在販売しているのはまぐろ、かつおの2種。少量パックの販売なので、普段のごはんのトッピングやおやつにちょうどいい商品です。

価格的にも手を出しやすいので、フリーズドライのフードやお魚を食べるかな?という時に買ってみてはいかがでしょうか。

楽天などの一般通販サイトで購入可能ですので、普段のお買い物と一緒に購入できる気軽さもおすすめポイントです。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング4.PET PARADISE

PET PARADISE ペットパラダイス プレミアムフード フリーズドライ 信州サーモン -

出典:ペットパラダイス

通常価格 770円/9g

こちらは人間用雑貨とペット用品を扱う通販サイトにて販売されている商品です。

味はしらうお、鶏ささみの他、限定商品も販売される時があります。

DOGMOM同様に内容量、価格ともに数字が小さいため、初めてフリーズドライに挑戦するときにおすすめです。

おやつや普段のごはんにトッピングするために色々な味を仕入れておいてもいいので、飽き性なわんちゃんや色々試したい飼い主さんに向いている商品です。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング5.ドットわん

 

詳細は写真をクリック

通常価格 363円/30g 1650円/150g(納豆) ※味により価格差あり

ドットわんシリーズは5種類の味をメインに、季節のフレーバーも展開しています。当記事リサーチ時には秋の紫芋やりんご、梨が、秋らしいハロウィン仕様のサムネイルで販売されていました。

30gと150gで販売しており、味によって若干の価格差はあるもののわんちゃんに贅沢させちゃおう!くらいの気持ちで手を出してしまう価格での販売がされています。

こちらはメインフードとして与えていいものですので、普段のごはんに取り入れてみてもいいかもしれません。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング6.Woof

詳細は写真をクリック

通常価格 1430円/50g(ワイルドべニソン) 6380円/280g(ワイルドべニソン)

ワフと読むこちらのフードは、こだわりのニュージーランド産素材で作られたフードシリーズです。

味はチキン、ダック、ラム、ビーフ、ワイルドべニソン、ワイルドブラッシュテイルの6種。

マヌカハニー、チアシード、バージンココナッツオイル、ホキ肝油、緑イ貝、ケルプといった健康に配慮したスーパーフードです。

パッケージが小さめサイズから大きめまでサイズ展開があるのでわんちゃんの食べる量や食べさせ方によって選べる幅が広いのが嬉しいです。

ちなみに、猫ちゃんフードはニャフというそうです。鳴き声からとったネーミングが可愛くていいですよね。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング7.K9Natural

 

詳細は写真をクリック

通常価格 303円/15g~37956円/3.6㎏(ラム・フィースト)

K9Naturalはラム、ビーフ、チキン、ホキ&ビーフ、ラム&キングサーモンの5種を販売しています。

テイスティングセットでは15gの袋5種(ラム・グリーンは7g)をセットでお試しできます。初めて買う前にわんちゃんの好みを知るにはちょうどいいですね。

サイズ展開が豊富なので、お試しで小さいサイズを買ってもいいですし、メインフードとして採用となったときにはキロ単位で購入することでこまめに買い足す手間が省けるのが良いところです。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング8.モグキューブ

 

詳細は写真をクリック

通常価格 5456円/425g

味は1種ですが、ライフステージや犬種に関わりなく与えてOKのフードです。

そのままでも、ふやかしたり手でほぐしたりして工夫して与えてもいいので、原料のアレルギーなどさえ回避していれば万能食という感じです。

これだけで栄養バランスがしっかり管理できるので食事管理に悩む飼い主さんにもおすすめです。

柔らかくして食べさせてもいいので、歯や歯茎が弱い子にも与えやすいです。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング9.トムキャット

 

詳細は写真をクリック

通常価格 5980円/500g(ササミカットタイプ)

トムキャットはケージなどでご存知の方がいるかもしれませんね。こちらのフリーズドライフードは鶏ささみ、鶏胸肉の2種の展開です。

カットされているタイプと、手で裂いて与えるタイプがあるので、わんちゃんの体格やお口の事情によって合うものを選べます。鶏肉なのでタンパク質が不足しがちなわんちゃんにはもってこいのフードです。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング10.ママクック

 

詳細は写真をクリック

通常価格 660円/30g(ササミ)

ママクックのフリーズドライは10種以上あり、ササミや豚レバーからとうふやりんごなど、とにかく種類が豊富なことが特徴です。ふりかけとして販売しているフリーズドライフードもあるので、あくまでトッピングとして最初から探している飼い主さんにはちょうどいい商品です。

公式オンラインページでは猫用の販売と並んでいるため、購入時には間違えて買っていないか確認してくださいね。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング11.ペティオ

 

詳細は写真をクリック

通常価格 327円/20g(ベジタブルMIX)

ペティオのフリーズドライは、レバー、ササミ、ニンジン、カボチャ、リンゴ、バナナと6種の展開です。

野菜と果物のラインナップが豊富なので、ヘルシー食のわんちゃんに与えたり、栄養補助のおやつとして与えたりと役立ちます。

果物好きなわんちゃんは気に入りそうな商品です。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング12.マカンナ

 

詳細は写真をクリック

通常価格 5544円/1.36㎏(PRE-MIX)

マカンナシリーズは1㎏強の大袋での販売があるので小型犬から中型犬として重宝します。

プレミックスの他にサーモン、ターキーがあります。

水でもどして与えることを推奨しているため、外でのおやつというよりは、おうちでのメインフードを前提としたフードです。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング13.ホワイトフォックス

 

詳細は写真をクリック

通常価格 1045円/45g

ホワイトフォックスのフリーズドライフードは犬猫兼用も多く、猫ちゃんのいるご家庭にも取り入れやすいです。

ササミや胸肉から、エゾシカ肉やさつまいもなど、他ではあまり見かけないものまで充実しています。

カットタイプもありますが鶏ササミ1本の単位などでも販売しているため、お友達の何かの記念日にプレゼントするときにもいいですね。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング14.Sunday Pets

 

詳細は写真をクリック

通常価格 4950円/454g(ロー・ラム)

サンデーペッツのフリーズドライはロー・ラムとロー・ビーフの2種。

こちらは完全犬用のフードで、メインフードとして与えられる完全栄養食です。ライフステージや犬種の縛りもないため、わんちゃんが気に入れば用量やトッピングを変えつつ、ずっと食べさせることができます。

チャック付き袋なので保存もしやすく、安心です。

 

フリーズドライタイプのドッグフードのおすすめランキング15.Frecious

詳細は写真をクリック

フレシャスのフードはチキン&ビーフ入り、チキン&小魚入り、低脂肪設計&ビーフ入り、10歳以上用チキン&ビーフ入り、13歳以上用チキン&ビーフ入り5種の展開。こちらは内容すべてがフリーズドライフードなのではなく、鶏ささみ、かぼちゃ、ブロッコリーなどの原材料にフリーズドライ製法を用いることで素材の風味や栄養を逃がさないように工夫してあります。

フリーズドライばかりに慣れすぎないように、ドライフードも食べるようにと考える飼い主さんにピッタリですね。

 

終わりに

さて、15品のフリーズドライフードをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

フリーズドライフードのみでメインフードとして与えるだけではなく、普段のフードにフリーズドライ商品をトッピングしたり、おやつとして食べさせたりする使い方をする飼い主さんも多いようです。

わんちゃんが美味しそうにたくさん食べてくれる姿は、飼い主さんにも幸せを与えてくれますよね。

わんちゃんの食欲があまりない、もっと質のいいおやつをあげたい、好き嫌いで栄養不足が気になる……、飼い主さんやわんちゃんによってさまざまな食の悩みがあると思いますが、風味や栄養面が高品質なフリーズドライフードを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

商品により、トライアル販売が用意されていることもあるので、気になる商品はぜひ詳細ページや販売ページを見てみてくださいね。

 

この記事を通して食の悩みが解消されること、わんちゃんたちの幸せを願っています。

You may also like

Leave a Comment

You cannot copy content of this page